もしかして、作家デビュー? 
           それとも…まさか の  遺作デビュー?                   
   
     
  ワード         一太郎      
         
                   
  Word で 作ってみました   Wordの 文章を 一太郎に変換して 作りました
見開きページの両面印刷です 縦書きで、右綴じ、見開きの両面印刷です
ブログの文章を、(B7)本にしてみました 短歌のみを 歌集にしてみました
  紙の専門店で、B4用紙を B7の大きさに 裁断してもらいました     本文には書籍用紙、表紙は上質紙(最厚口)を使用しました
 
1.
ブログのページを単一ファイルWebページ又はPDFで保存します
1.
短歌を、Wordで HGP行書体にし、やや大きめのフォントでペイントにコピーし、 GIF形式で保存(画像に)します
2.

Wordの文章を もう一度 推敲します

 
2.
Wordの用紙設定で、縦書き、余白、行数、見開きページの設定をします
3..
Wordの標準画面(A4用紙)に文章をコピーペーストします
3.
そのまま、ペイントでGIFにした 短歌の画像を 挿入します

4.

B7の用紙設定に変更し、余白、行数、見開ページの設定をします
4.
文章を 必要な部分に 挿入します

綴じ位置を考えて、綴じる側の余白は 広くし、フッターの下からの位置も やや低めにします

写真やイラストなど、必要最小限に挿入します

5.

奇数ページと偶数ページに入れるページ番号を 別指定 します
5.
奇数ページと偶数ページに入れるページ番号を 別指定 します
ページ番号の挿入位置を、偶数と奇数で反対位置にします
ページ番号の挿入位置を、偶数と奇数で反対位置にします

6.

各ページ(例.11日分)を続きの文章になるように、各ファイルの最後に改ページをいれます。
6.

一太郎、他のファイル形式から開く→Word文書を選び、一太郎文書に変換します

必要な場合はセクション区切りを入れますが、文書全体のページ設定が1度にできなくなるので注意!
縦書き、右綴じの文書になります
7.
最初のファイルから始まり、各日にちの最後に次のファイルを挿入して、全部を1つのファイルにします
7.
余白、ページ番号の位置、などを修正します
8.
ページの変わるところで文章の単語が切れてしまわないように 画像等を移動をします
8.
左と同様で、画像等を移動します
画像の大きさを調整して、イアウトが おかしくなったところを直します
左と同様でレイアウトのおかしくなったところを、直します
9.
プリンターの用紙設定(ユーザー設定またはL判)をし、両面印刷の設定もします
9.
一太郎から、プリンターの用紙設定をし、両面印刷の設定もします(設定画面はWordと多少異なります)
10
実際に印刷してみて、再び、レイアウト、文字数、行数などを直します(セクション区切りに注意!)
10.
実際に印刷し、再度、変更箇所を修正します
11.
目次を作ります
11.
縦書きの目次を作ります
見開き、見返し、表紙、裏表紙を作ります
見開き、見返し、表紙、裏表紙は、今回は横書きのままにしました
12.
それぞれを 印刷します(本文=両面印刷、見開き見返し、表紙=片面印刷)
12.
左と同様に、それぞれを、印刷します(縦書きでは(両面印刷)では、自動的に右綴じになります)
13.
文書をまとめて、少し大型のホッチキスでページの端を、5ヶ所ぐらい止めます
13.
左と同様で、右綴じに注意して、ホッチキスで止めます
14.
製本テープで背表紙になるところに 貼り付けます
14.
左と同様に、背表紙の位置に 製本テープを張り付けます
15.
完成です
15.
完成です
左綴じの表紙です
Wordではできない 右綴じの表紙です
         
    ふぅちゃんの ひとりごと 見本           ふぅちゃんの うた集 見本      
    ふぅちゃんのひとりごとⅡ    

 

   
秋冬うた集
     
 

ふぅちゃんの ひとりごとⅡ 渋谷・京都編 見本

 

ふぅちゃんの うた集 秋冬編 見本